ISANA.NET SOCIAL MEDIA

Copyright © 2019 isana.net

  • イサナドットネット

アプリ向けプッシュ通知 SaaS「OneSpeak」が iBeacon に対応いたしました


スマートフォンのアプリ開発などを行うイサナドットネット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石谷伊左奈、以下イサナドットネット)は、スマートフォン・PC向けのプッシュ通知機能を簡単かつ短期で自社アプリに組み込む環境を提供する「OneSpeak」がiBeaconに対応したことを発表いたしました。

プレスリリース詳細

イサナドットネットは自社で提供しているアプリ向けプッシュ通知SaaS「OneSpeak」を Apple社がiOS7より標準搭載している「iBeacon」に対応させました。 今回追加された機能では、位置情報を利用したスポット通知・エリア通知機能において、GPSに加えiBeaconを使用することで、詳細な位置情報認識が可能となります。当機能により、さらに正確な来店・訪問検知が可能になるほか、屋内におけるユーザーの移動検知なども可能になります。



iBeaconとは

iBeaconとは、iOS7から標準搭載されたBluetooth Low Energy(BLE)を使って位置情報サービスを拡張する新しいテクノロジーです。従来のO2Oソリューションでは、iPhoneが採用しなかったNFC(近距離無線通信技術)が多く使われていました。 iBeaconはApple社の商標ではありますがBLEという汎用技術を使っているため、Android端末でも同様の技術を適用することが可能であり、スマートデバイス全体で使う事ができます。 iBeaconの信号を発信する端末を配置することでアプリは信号を受信し、対象端末の領域への侵入・退出・端末までのおおよその距離を検知し、ユーザーに対してリアルタイムなアプローチをすることができます。

そのためiBeaconは、O2Oソリューションの促進が期待される技術として注目を集めています。



OneSpeakとiBeacon連携の仕組み

OneSpeakを導入したアプリはiBeaconの信号を発信する端末が配置された場所に近づくと、iBeaconの信号を受信します。発信される信号に店舗や商品などを識別できる情報を設定すればサービス側にユーザーが特定の店舗に近づいたなどの行動を知らせることができます。 サービス側はその情報をもとに店舗や商品のクーポン情報などをOneSpeakサーバーからPush通知で配信してユーザーに対してリアルタイムなアプローチをすることができます。


cropped-cropped-cropped-logo_s-1-1.png