top of page
  • isana.net

マーケット最適化プログラムで臨床研究・プロトタイピングを支援します


「マーケット最適化プログラム」とは


「マーケット最適化プログラム」とは新規事業開発・新製品開発を正しく進めて軌道に乗せ、マネタイズできるまでの工程を体系的に管理する事業開発マネージャー・チーム向けのプログラムです。



オンラインホワイトボードmiroを使用して進めます

このプログラムは他社の似たサービスとは異なり、プロセスや成果物を専用ITツールによって管理していくことで、「製品を作ったが売れない」「試作品はできたがどうすれば売れるか分からない」という状況を解決します。

これにより無駄な時間をなくし、生産性を極限まで高めることができます。




Googleも実践している「デザインスプリント」を中核にしたプログラム


「マーケット最適化プログラム」は新規事業開発・新製品開発の仮説検証プロセスである「デザインスプリント」を中核にして進めます。


「デザインスプリント」とは、Googleのベンチャーキャピタル部門として設立されたGoogle Ventures(現在は「GV」に社名変更)が、2015年にスタートアップ企業に向けに提唱した新事業開発・新製品開発のためのメソッドです。


短い期間でプロトタイプ開発・仮説検証のプロセスを回し、また繰り返すことで、スピーディに製品アイデアの価値を検証することができるため、ビジネス環境の変化が激しい現代にフィットした最適なメソッドといえます。


ヘルスケア業界では「臨床研究→臨床試験→承認」といった流れがありますが、多くの企業では臨床研究を成功させること、臨床試験を成功させることにフォーカスしてしまい、いざ承認されて一般市場にリリースしても泣かず飛ばずで立ち行かなくなってしまった、とういうことが起こりえます。




まとめ


「マーケット最適化プログラム」は、


  • お金をかけずに素早くプロトタイピングすること(ラピッドプロトタイピング)

  • 顧客に売れる製品になるかどうか素早く検証すること(仮説検証)

  • マーケティング(売れる仕組み)を早い段階から草案すること(PMF)


の3つのメソッドによりこのような課題を解決します。


臨床研究の段階からこのようなメソッドを並走させることで「モノを作ったが、売れない」を解消します。



ご興味がある方は、こちらからお問い合わせください。


Commentaires


bottom of page