事業内容

isana.net の事業について

イサナドットネットは2001年の創業以来、インターネット時代のソフトウェアの技術革新に携わってまいりました。
ソフトウェアの開発を通して社会課題に取り組むことで、人間中心の社会の実現を目指しています。

isana.net の事業領域

ヘルスケアテック

Healthcare Tech

コロナ禍の現在、介護・医療分野において、デジタル基盤の構築とその利活用が求められています。
イサナドットネットは、
・介護・医療サービス提供者様
・医療機器メーカー様
へ、利便性・効率を高めることで高品質なサービスを提供するシステムの開発を行っています。

関連事例

ヘルスケアテック

バイタルセンシング・バイタルデータ管理

Vital Sensing / Vital Data Management

ヘルスケアの領域では、ウェアラブル機器・IoT機器を利用した、バイタルデータの取得・管理・活用の発展が期待されています。イサナドットネットでは、2015年からこの分野で実績と専門性を高め続け、サービス事業者様にシステムの提供を行っています。

関連製品

bismhubリンク

​パーソナルヘルスレコード

Personal Health Record

患者様やご家族が自身の医療記録(健康診断結果や服薬歴など)を電子記録として確認できるPHR(Personal Health Record)を実現します。

訪問介護ステーションや避難所など、さまざまなケースで活用が期待できます。​

医療情報交換の次世代標準フレームワークである

・HL7® FHIR®

・SS-MIX2

に対応しています。

※ 図中の HL7®、FHIR®の商標表示を省略しております。

PHRシステム構築

​PHRシステム構築

​遠隔医療(オンライン医療)

Remote Medical Care

スマートフォンやタブレットを介した遠隔診療に必要とされる、ビデオ通話のご提供を行っています。医療サービス提供者様の既存システム、および各種医療機器と連携も可能です。​(実績例:ビデオ通話と電子聴診器、電子内耳鏡を連携させるシステム)

オンライン診療 遠隔診療

​医療機器関連のソフトウェア

Medical devices software

QMSに沿ったソフトウェア品質管理のもと、製販企業様へ医療機器に必要なソフトウェアをご提供いたします。

(医療機器プログラム/プログラム医療機器/SaMD)

Doctor

ビデオ通話システム・
チャットシステム

Video Call System / Chat System

2020年以降、ビデオ通話・チャットシステムなどを活用したリモート共同作業、顧客とのやりとりの必要性が急速に高まっています。医療の分野では、遠隔診療において、この技術の需要が高まっています。

イサナドットネットでは、WebRTC、チャットシステム、WebSocketを用いたリアルタイム通信技術を活用して、システムの提供・構築を行うことができます。

関連製品

Spika for Business

フィンテック

Fin Tech

イサナドットネットでは、2005年から金融サービス向けのアプリケーション開発を携帯電話・スマートフォンなどを中心に行い、6社の金融機関に金融取引アプリケーションの開発・提供を行ってきました。
長期にわたり、高品質が要求され・ミッションクリティカルなアプリケーションで実績を積んでいます。

ハイエンド・高品質を求められる開発での実績

携帯電話向けアプリケーションの時代から 6社の金融取引向けアプリケーションを提供してきました スマートデバイスへのマルチプラットフォーム化、法改正による仕様変更など 高品質が求められるプロジェクトへ参画し、高い技術力・プロジェクト管理能力 を発揮、長期間に渡る信頼を獲得しています。

技術的な提案からリリース後のサポートまで

豊富な知識と実績をもとにクライアントの課題を解決するための 技術的な視点での提案から、 プロジェクト管理、リリース後の保守などのサポート体制まで ワンストップで提供します。

フィンテック
 
 
 
 
 
 
 

製品・サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせありがとうございます。

恐れ入りますが、営業を目的としたお問い合わせはご遠慮願います。

当フォームからのセールス・勧誘は固くお断りいたします。

送信ありがとうございました