top of page
FITINSIGHT

Fitbitを使ってバイタルデータを視覚化することで

新たな気づきを促し、健康な社会を作る

​FITINSIGHTでできること

バイタルデータを事業に活用していきたい企業様・研究者様・団体様向けの

多数のユーザーのFitbitデータを可視化するソフトウェア

サブスクリプションサービスです。

個人の体感やFitbitのアプリケーションとは違って、

多種のFitbitデータを扱うカスタマイズ可能な一元管理システムで、

これまでよりも客観的で多様なデータを取得することができます。

※Fitbitは米国およびその他の国における Fitbit LLC またはその関連会社の登録商標または商標です。

データのアウトプットには以下のオプションがあります

FITINSIGHT-BI

Looker Studio​
​(Google社)

FITINSIGHT-BI

 CSVファイル​

FITINSIGHT-BI

専用Webダッシュボード

豊富なデータの種類

睡眠中や昼間のアクティビティのデータなど、ウェアラブルデバイスから取得できるデータは多数。組み合わせ次第で、さまざまな分析やインサイトが得られます。

​たとえば以下のようなデータが取得できます。

  • 心拍数、歩数、移動階数、移動距離、AZM(アクティブゾーンミニッツ)、座りっぱなしの時間、VO2Max、消費カロリー

  • 睡眠開始時間、睡眠終了時間、睡眠効率、ベッドにいる時間、覚醒時間、睡眠レベル

カスタマイズが可能

ウェアラブルデバイスからデータを取得・保管する基盤(半製品)を「FITINSIGHT」としてご提供しており、スクラッチ開発よりも短期間・低コストで開発が可能です。
お客様のビジネスに最適なツールを提供するために、以下のようなカスタマイズが可能です。

​(カスタマイズ例)

  • データの表示方法

  • データの出力方法

  • 管理者権限

  • 通知設定、メール配信

  • ​デバイス連携前のデータの取得

  • ​御社でお持ちのデータベースとの紐づけ

FITINSIGHT構成図

FITINSIGHT
基本機能

  • ​Fitbit公式アプリよりFitbitのクラウドにアップロードされたデータをWeb APIを使用して取得・保管します。(FitbitデータはFitbitアカウント(Googleアカウント)に紐づけられFitbitクラウドに同期されます。そのうち、Fitbit Web API を 通して取得できるデータを取得します。)

  • 1000ユーザ分のデータを連携できます。

  • 専用WebページにてFitbitユーザがFitbit(Google)にログインし、FITINSIGHTへ連携手続きを行うと、データの取得が開始できます。

  • ​Fitbitユーザ個人が連携時に許可したデータを取得できます。

  • 連携時に独自の管理番号(社員番号・研究ID等)、グループ名を入力することで、FITBIT IDの他に管理番号やグループ単位での管理も可能です。

  • 1日1回、Web APIを使用して、前日まで過去7日間のデータを取得します。

  • データ保持期間は最大1年間

  • 管理者用Webページにて、連携済みユーザ一覧の表示、ユーザ連携の解除ができます。

  • 保管したFitbitデータは、以下の出力オプションをご用意しています。

    • Looker Studio (Google社): 多種多様なデータを収集・統合して視覚化し、共有・管理することができるツール

    • CSVファイル

    • ​オリジナルにカスタマイズするWebページのダッシュボード等

​連携ユーザ数や出力方法、追加機能など、御社のビジネスに合ったカスタマイズも可能です。

ぜひ、お問い合わせください。

​対応ソリューション

導入事例

  • 国立大学法人山大学 医学部内エコチル調査富山ユニットセンター様

  • ​国立大学法人 鹿屋体育大学様

  • ​国立大学法人 筑波大学 附属病院様

イサナドットネットは

Google_Cloud_Partner

FITINSIGHTについてのご相談

*は必須項目

お問い合わせありがとうございます。

恐れ入りますが、こちらは当社製品・サービスに関する

お問い合わせ窓口となっております。

当フォームからのセールス・勧誘には

お返事いたしかねますので、予めご了承ください。

送信ありがとうございます

​関連記事

bottom of page